葬儀の手伝いマナー

葬儀の手伝いマナーとは

葬儀の手伝いでのマナー

同じ自治会や会社の同僚等の親しく交際していた人の家中で葬儀があった時に手伝いを頼まれたときは、服装を喪服にあらためて、会場に到着したら先ずは喪主に対して「このたびはご愁傷さまです。微力ながらお手伝いをさせていただきます」旨の挨拶をします。そして故人の霊前に焼香をさせてもらいます。担当する箇所が予め決まっていれば喪主の意向に沿って、滞りなく式が進行するように、担当の者同士で打ち合わせをして参列者の到着を待ちます。喪主側の立場にたって参列者に応対をするのがマナーの基本です。厳粛な気持ちで、静かで丁寧な応答に気をつけます。葬儀が終了すれば直会が設けられることがありますから喪主の意を汲んで出席するのが礼儀です。

葬儀の手伝いで気を付けたいこと

受付での弔問客のお迎えは葬儀全体の印象にもつながります。弔問客が気持ちよく葬儀に参列して頂けるようお手伝いする受付のマナーをご紹介します。参列する弔問客は最初に受付で香典を出します。受付は遺族に代わって受付するのですから、言葉遣いや振る舞いは失礼が無いよう遺族の立場に立って行ってください。また、受付に手間取らないよう事前に芳名帳・筆記用具・会葬のお礼品等を受付に配置し、受付の一連の流れを頭に入れておいてください。香典の保管・お礼品の手渡し等、受付の後ろで手伝う時も同様でマナーを守りましょう。弔問客がお悔やみを述べたら、お礼を言ったうえで、芳名帳への記帳をお願いします。芳名帳への記帳が終わり香典を受け取ったら、お礼を言って会葬のお礼品を渡します。

葬儀の難しいマナー情報

新着情報

↑PAGE TOP